SPSCの現状と今後について

2019年の活動については、スヴェーデンボリの著作『結婚愛』の組版が中心となりました。しかし、予定していた昨年の刊行は年越しとなってしまいましたことを、出版を期待されていた皆様にお詫びします。

『結婚愛』は総ページ数でA5判で800ページにも及ぶ大きな本となります。

そのような書籍を、以前のようにハードカバーで1冊ものの書籍として刊行することは、現状として資金や在庫管理の問題から不可能です。

そこで、今回の『結婚愛』の出版については、「教えの部」「メモラビリアの部」に分け、2分冊の無線綴じによる少部数出版を予定しています。

「教えの部」については、今月か来月の初めには校了となる見通しです。出版については、4月くらいになりそうです。「メモラビリアの部」については、夏までに刊行できると思います。

SPSCの会報は、新刊の刊行に合わせて発行します。そこでまた、今後の活動については詳細をお知らせする予定です。

改訂版『スヴェーデンボリ 用語辞典』

2016年12月に少部数、自家製本で刊行した『スヴェーデンボリ 用語辞典』を改訂しました。

PDF版は完成し、さらに印刷製本したものを8月に刊行する予定です。

この書籍の内容については、SPSC会報の記事(第14号・第15号)をごらんください。PDF版・印刷版のどちらも会員限定の頒布となります。入手方法については、会報でお知らせします。

新刊『驚くべきこと』

スヴェーデンボリ出版の新刊『驚くべきこと』が刊行されました。

『最後の審判と世の終わり』『みことばとその内意・表象と対応」に続く出版物で、スヴェーデンボリの著作『天界の秘義』の中から「驚くべきこと」として記載されている部分をまとめ、編集したものです。

印刷版 B6判で280ページ
現在のところ書店販売の予定はありません。SPSCで印刷したものを少部数限定で会員向けに販売します(6月末に完成の予定)。

PDF版
SPSC会員限定で、配布します。

(それぞれの版の詳細についてはSPSC会報第17号に記載してあります)。

近刊『驚くべきこと』

現在、新刊として『驚くべきこと』の出版を準備中です。
これは、スヴェーデンボリの著作『天界の秘義』の中から「驚くべきこと」として記載されている部分をまとめ、編集したものです。

これまでに出版した『最後の審判と世の終わり』『みことばとその内意・表象と対応」と同じシリーズの出版物です。

PDFと電子ブック版での公開を予定しております(6月の予定)。
印刷版はB6判で280ページの本になります。現在のところ書店販売の予定はありません。SPSCで印刷したものを少部数限定で頒布します(7月の予定)。