訳語・用語の研究  メモラビリア(Memorabilia)について

メモラビリア(Memorabilia)について

新刊『スヴェーデンボリのラテン語』の「文選」IV.は『真のキリスト教』387番からものです。その表題は「第三の印象的な出来事」(Tertium Memorabile)であり、このラテン語の複数形が“Memorabilia”です。なお、先に述べておきますが、「データ(資料)」の言葉はラテン語“data”から由来しており、“datum”の複数形であり、これは動詞“do(与える)”の分詞(「与えられたもの」を意味する)です。それで、このように複数形を考えることはよくあります(「商品」を意味する「グッズ」もgoodの複数形goosです)。

さて、形容詞“memorabilis”は「記憶に値する・記憶すべき・注目すべき」を意味します。この中性形が“memorabilis”であり、この実詞としての意味が「記憶すべき出来事・注目すべき出来事」となります(なお、形容詞が実詞として使われることは、今回の「勉強会」の一部です)。

この言葉はこれまでいろいろに訳されています。古くは「記憶すべき事」(静思社・真のキリスト教)、また「メモ」(アルカナ出版・同書))、「説話」(静思社・結婚愛など)です。

霊界での体験に基づく独特な意味合いを持つ言葉なので「メモ(これは論外でしょう)」や「説話」と訳しては真意を伝えてないでしょう。それで、適当な訳語が定着するまでは「音訳」である「メモラビリア」でよいかなと思っています。

 (鈴木泰之)『SPSC会報』第15号に掲載

新刊 のお知らせ スヴェーデンボリのラテン語

この本はかつてぶどうの木出版から刊行されて以来、諸事情により一般にはほとんど入手不可能な状況でしたが、このたび、全面的に改訂し、15年ぶりに出版することとなりました。スヴェーデンボリの原典を読むために特化した本書は、文法解説や文選、語彙集などで構成されており、初学者にも、ラテン語の既習者にも役立つ内容です。そのために文法事項を中心として多くの「脚注」を付けました。また「文選」は原著には原文だけですが、左右見比べることのできる「対訳」としました。

本書のSPSC版は、市販のA5判20穴対応バインダーに対応していますので、各自でバインダーを準備し、綴じ込むこともできます。

著者:ジョージ・F・ドール
編・訳者:鈴木之
判型:A5判 215ページ 20穴バインダー対応
価格:未製本 2,000円   バインダー付き 2,200円 (税別)
送料:本体のみ 180円  バインダー付き      360円

* * * * *

※上記書籍は、現在のところSPSCのみの取扱いとなります。入手希望の方は、未製本かバインダー付きか、種別を指定して、SPSC事務局にご連絡ください。

なお、PDF版(電子書籍)も刊行します(SPSCの会員限定で無料配布、一般発売価格は検討中)。こちらは、添付ファイルを受信可能なメールで申し込んでください。PDF版は個人利用のための印刷やファイルコピーは可能ですが、再配布はご遠慮ください。

内容の一部をスヴェーデンボリ出版のウェブサイトで公開していますので、ご覧ください。
スヴェーデンボリ出版:http://swedenborg.jp

(『SPSC会報』第15号掲載記事より)

 

会報第15号

『SPSC会報』第15号が発行されました。会員の皆様には送付ずみです。

6月11日に開催予定の第二回交流会とラテン語の勉強会の案内を兼ねています。それに合わせてラテン語の学び方についての記事を掲載しています。

新刊案内では『スヴェーデンボリのラテン語』(5月24日発行)、近刊案内として『みことばの内意 表象と対応』について紹介しています。

原典対訳シリーズについて

SPSCでは、スヴェーデンボリの原典対訳シリーズを刊行しています。

このシリーズはスヴェーデンボリの神学著作の原典を読むための手助けとなるものです。
注文はSPSCに直接お問い合わせください。

No.1 スヴェーデンボリの印象的なことば

原著はロンドンのスヴェーデンボリ協会から1972年に出されたR.W. W. Kenyon編集の『Striking Quatations FROM SWEDENBORG’S WORKS』であり、天使、仁愛……など42項目のもとにスヴェーデンボリの印象的なことばを220集めたものです。それを原典ラテン語と和訳の対訳形式でまとめてあります。
A5判 100ページ  定価 1,000円(税別) 送料180円

No.2 霊魂と身体の交流

すでにスヴェーデンボリ出版から刊行された同書の「対訳版」です
A5判 100ページ  定価 1,000円(税別) 送料180円