『最後の審判と世の終わり』について

本年(2017年)3月に、スヴェーデンボリ出版から刊行した書籍『世の終わりと最後の審判』は、SPSC会員限定で自家製本したものを頒布しましたが、増刷にあたり、製本は外注することとなり、それに合わせて、若干の手直しを加え、タイトルも『最後の審判と世の終わり』と改めたものを頒布することになりました。

この書籍は少部数出版のため、ほぼ原価での提供となり、書店等での販売は行わず、SPSC限定での直売となりますので、よろしくお願いします。

頒布価格等の詳細は、会報17号でおしらせします。

 

 

会報第16号

『SPSC会報』第16号を発行しました。
内容は以下のとおりですーー

電子ブックの取り組みについて 林 道夫
『天界と地獄』の改訂版について 鈴木泰之
新刊のお知らせ 『みことばとその内意・表象と対応』
個人的な証し 箕輪敏彦
韓国の新教会 栄 世一

 

 

訳語・用語の研究  メモラビリア(Memorabilia)について

メモラビリア(Memorabilia)について

新刊『スヴェーデンボリのラテン語』の「文選」IV.は『真のキリスト教』387番からものです。その表題は「第三の印象的な出来事」(Tertium Memorabile)であり、このラテン語の複数形が“Memorabilia”です。なお、先に述べておきますが、「データ(資料)」の言葉はラテン語“data”から由来しており、“datum”の複数形であり、これは動詞“do(与える)”の分詞(「与えられたもの」を意味する)です。それで、このように複数形を考えることはよくあります(「商品」を意味する「グッズ」もgoodの複数形goosです)。

さて、形容詞“memorabilis”は「記憶に値する・記憶すべき・注目すべき」を意味します。この中性形が“memorabilis”であり、この実詞としての意味が「記憶すべき出来事・注目すべき出来事」となります(なお、形容詞が実詞として使われることは、今回の「勉強会」の一部です)。

この言葉はこれまでいろいろに訳されています。古くは「記憶すべき事」(静思社・真のキリスト教)、また「メモ」(アルカナ出版・同書))、「説話」(静思社・結婚愛など)です。

霊界での体験に基づく独特な意味合いを持つ言葉なので「メモ(これは論外でしょう)」や「説話」と訳しては真意を伝えてないでしょう。それで、適当な訳語が定着するまでは「音訳」である「メモラビリア」でよいかなと思っています。

 (鈴木泰之)『SPSC会報』第15号に掲載

新刊 のお知らせ スヴェーデンボリのラテン語

この本はかつてぶどうの木出版から刊行されて以来、諸事情により一般にはほとんど入手不可能な状況でしたが、このたび、全面的に改訂し、15年ぶりに出版することとなりました。スヴェーデンボリの原典を読むために特化した本書は、文法解説や文選、語彙集などで構成されており、初学者にも、ラテン語の既習者にも役立つ内容です。そのために文法事項を中心として多くの「脚注」を付けました。また「文選」は原著には原文だけですが、左右見比べることのできる「対訳」としました。

本書のSPSC版は、市販のA5判20穴対応バインダーに対応していますので、各自でバインダーを準備し、綴じ込むこともできます。

著者:ジョージ・F・ドール
編・訳者:鈴木之
判型:A5判 215ページ 20穴バインダー対応
価格:未製本 2,000円   バインダー付き 2,200円 (税別)
送料:本体のみ 180円  バインダー付き      360円

* * * * *

※上記書籍は、現在のところSPSCのみの取扱いとなります。入手希望の方は、未製本かバインダー付きか、種別を指定して、SPSC事務局にご連絡ください。

なお、PDF版(電子書籍)も刊行します(SPSCの会員限定で無料配布、一般発売価格は検討中)。こちらは、添付ファイルを受信可能なメールで申し込んでください。PDF版は個人利用のための印刷やファイルコピーは可能ですが、再配布はご遠慮ください。

内容の一部をスヴェーデンボリ出版のウェブサイトで公開していますので、ご覧ください。
スヴェーデンボリ出版:http://swedenborg.jp

(『SPSC会報』第15号掲載記事より)