『天界と地獄』を公開します

『天界と地獄」の最新版(2017年PDF版)を公開します。

試し読みではなく、全文無料公開です。
当サイトのメニュー「電子ブック」からご利用ください。準備が整いしだい、順次、掲載していきます。

本文上にカーソルを置くと、下部にページ移動のための矢印が表示されます。

このPDF版について、印刷物としては、現在、刊行しておりません。

『真のキリスト教 上巻』が刊行されました

スヴェーデンボリ出版より、待望の新刊『真のキリスト教 上巻』が、スヴェーデンボリ出版から10月16日に刊行されました。

上巻のみでも850ページもある大作です。これまでにこの著作は、柳瀬訳(1955年、Swedenborg Foundation)と長島達也訳(1988年、アルカナ出版)からの2種類の和訳が刊行されており、今回の鈴木泰之訳は第3の翻訳書となります。

ラテン語原典からの翻訳であることは当然ながら、これまでの訳業をさらに推し進め、より原典に忠実な和訳書となっています。

この出版を記念して、SPSCでは訳者による記念講演会と祝賀会を主催し、多数の方々のご参加をいただきました。

なお、下巻については来年の春に出版予定で、現在、組版および校正作業を進めています。

原典勉強会『原典を読もう』のご案内

SPSCでは「めざすもの」として、いろいろな取り組みを計画しています。その一つには「勉強会」を開くことも視野にあります。その最初のものとして以下の要領で『原典を学ぼう』を企画しました。

まったくの初心者、しかし、原文を読んでみたい、その息吹を少しでも感じたい、という人を対象としています。最初はともかく「慣れる」ことを主目的としています。すすんでご参加ください。

期日: 7月5日(日)午後2時~4時(これ以前にジェネラルチャーチ東京の勉強会があります)
場所:タワーホール船堀405号室(地下鉄新宿線、船堀駅前)
内容:①ラテン語全般(文字・発音など)
②ラテン語の文章とは(英語との違い・句読法))
③品詞
④「例文」から学ぶ(付記参照)
⑤質疑応答(質問は随時可)
初心者からある程度学んだ方まで幅広く対応するつもりです、堅苦しい内容は決して考えていません。ラテン語にこだわらず、スヴェーデンボリを学ぶ上で有益なものを目指しています。

付記:
①ラテン語の予備知識は不要(ただし、スヴェーデンボリの原典がラテン語で書かれているという知識、中学・高校程度の英語は学んでいることは前提とします)。
②テキストとして原典対訳No.1『スヴェーデンボリの印象的なことば』使用。(お持ちでない方には当日も用意しますが、できれば事前に購入し、予習しておいてください)
③テキストからの例文は「1」(文とは何か)「120」(簡単なもの)「143」(摂理と幸福)「187と193」(役立ちと幸福)「VCR3」(最後に勉強会 の締めくくりとして)。
これらの「例文」を取り上げますので、予習として事前に最低3回は原文に目を通しておいてください(できれば、訳文と照らし合わせて10回、すると、おぼろげながら読めてくるでしょう)。
④講師はSPSC事務局員であり、数々の翻訳を出版している鈴木之が担当します。参加費は1,000円で、受講者には新刊『原典対訳 霊魂と身体の交流』を贈呈します。

会報第4号発送のお知らせ

SPSC会報』第4号を6月25日に発行し、会員の皆様に発送しました。
なお、会報とともに、6月19日に発行されたブックレットNo.8『日々のみことばと祈り 後期 7月〜12月』もお送りしました。

7月1日〜12月31日までの記事が収載されていますので、日々のみことばの学びに役立てていただきたく願っています。

次回のブックレットシリーズは、『死とその後』(R・W・ケニョン編)を予定しています。その内容については、会報第4号で紹介していますので、そちらをごらんください。